美肌ブログ | 肌のクリニック

ニキビやニキビ跡、シミ治療、化粧品、プラセンタなど、キレイな肌になるための美容情報を皮膚科医の視点から発信します。化粧品業界や美容業界の問題点にもメスを入れていきます。

シミが消える化粧品なんてあるの?

time 2017/01/11

シミが消えるという化粧品は、ちょっとインターネットを検索すると沢山出てきます。

「シミがかさぶたみたいにボロッと剥がれる!」

「3ヶ月使ったら本当にシミが消えた!」

などと、写真入りで宣伝されているのを見ると、本当にシミが消えるのかも!と期待してしまうでしょう。しかし、そのような化粧品を買った人のほぼ全員が後悔することになります。

市販の化粧品に過度な期待をするな!

まず、市販の化粧品に過度な期待をするのはやめましょう。化粧品は「人体に及ぼす作用がない、または、緩和なもの」と法律で定められています。化粧品原料で、人体に及ぼす作用がある原料を使用することはできません。

〇皮膚に作用がない→化粧品

〇皮膚に作用がある→医薬品

この大前提を覚えておいてください。

「ニキビが消える。」「肌が白くなる。」「アトピーが治る。」などの効能がある化粧品があったとしたら、それは完全に「皮膚に作用を及ぼす」ことになり、もはや化粧品ではなく医薬品です。

なので、そのように宣伝している化粧品があったとしたら、「100%嘘」だと思ってください。実際には薬事法(薬機法)違反であり、化粧品はそのような広告を打ってはいけないことになっていますが、守っている会社はほとんどありません。

「感激の声、続々!」「満足度98%!」「シミが薄くなった!」「マイナス10歳肌に!」「ほうれい線が薄く!」など、ネットではよく見かける表現ですが、全部嘘ですので気を付けてください。

化粧品成分が読める人からすると、「よくこんな成分で、嘘だらけの広告を打てるな・・。」と思うものばかりです。

JAROの調査では、実に85%の化粧品広告が基準に抵触していると判断されています。(私が見る限りは、90%を超えてると思いますが。)

化粧品広告の85%が基準抵触 効能巡る体験談、JARO調査

シミが消える化粧品はない

患者さんが診察室に化粧品を持ってきて、「この化粧水でシミが消えるって書いてあったんですが、効きますか?」と聞いてくることがあります。

私は、全成分表示を見せてもらい、「この化粧品の美白有効成分は、アルブチンとプラセンタエキスの2種類です。予防美白には多少はなりますが、シミは消えません。」と一応、真面目に答えます。ここでいうシミとは、放っておいても数ヶ月~1年で消える炎症後色素沈着ではなく、紫外線と加齢の影響で出てくる老人性色素斑(最も多くの方が悩まれるシミ)についてです。

この類の質問を今まで何十回、何百回と受けたので、正直うんざりしており、ここで声を大にして言います。

シミが消える化粧品は存在しません!

シミが消える化粧品があったら、それは医薬品です。そして医薬品を、化粧品扱いで(薬用化粧品・医薬部外品扱いでも)販売していたとしたら、その業者は捕まります。

ちなみに化粧品に認められている美白の広告表現は「メークによって肌を白くする。」という表現だけです。

薬用化粧品・医薬部外品に認められている美白の広告表現は「メークによって肌を白くする。」「メラニンの生成を抑えてシミを予防する。」「日焼けによるシミを予防する。」の3つだけです。シミを予防するだけであって、「シミを薄くする。」「シミを消す。」という表現は認められておらず、また、そのような広告は100%嘘ですので、覚えておいてください。

ステマだらけの化粧品業界

「写真のビフォーアフターでシミが消えているように見えるんです。」

「この化粧品を使ってシミが良くなったって言う人のブログを見たんです。」

などという人もいますが、このような人はネットリテラシーが乏しい人と言わざるを得ません。ネットリテラシーとは、インターネットに溢れている情報を正しく理解できる能力のことですが、ネットに書いてあったから、写真が載っていたからという理由で信じないようにしましょう。

化粧品のシミが消えたという口コミは、ほぼ100%ステマ(=やらせ)です。また、シミが落ちた、剥がれたなどの画像は、そのほとんどが、修正写真やレーザー治療でシミを取り除いたにも拘わらず、化粧品でシミが消えたかのように写真を載せています。

「美容皮膚科の医師が勧めていました。お医者さんが勧めるものだから、シミが消えると思ったんですが…」

こんな声も時々聞かれます。

化粧品の広告に登場している医師全員が悪いとは言いません。確かにきちんとした化粧品をプロデュースしている医師もいます。しかし、ほとんどの医師は自分で開発も研究もせずに、化粧品会社の広告塔として登場しているに過ぎません。

特に、シミが消えるとステマや広告を打ちまくっている化粧品会社に登場する医師は、100%広告塔で多額の金銭をもらって出ているどうしようもない医者です。(まともな医師は、シミが消えるなんてアクドイ広告を打っている化粧品会社には、いくらお金を積まれても出ないでしょう。)

化粧品成分が読める方、医学的知識や化学的知識がある方は騙されないのですが、そのような知識がなくても、ネットの情報を見ているとなんとなく化粧品会社の行っているステマが分かるようになります。ネットでステマを行っている化粧品会社の記事の書き方は、非常に似通っていて、少し慣れると簡単にわかるようになるからです。

もし、わからなくても、化粧品でシミを消すことはできませんので、そのように宣伝している化粧品は、すべてステマか嘘と思って間違いありません。

また、訴求成分(有効成分)にアルブチンやプラセンタ、シムホワイト、VC誘導体、トラネキサム酸などの美白成分が入っていても、それは予防美白であり、シミを消すわけではありません。そして、ほとんどの化粧品が訴求成分(有効成分)の濃度を開示しておらず、全成分表示に記載はされているものの、肌に影響を与えるほどの濃度では配合されていません。(ほとんど入っていないものもたくさんあります。)

ちなみにこれはニキビにも言えることです。ニキビについては「ノンエーはニキビとニキビ跡を治す効果なし」の記事や、「リプロスキンはニキビ跡に効果なし」の記事をご参照ください。

ハイドロキノン配合化粧品であればシミは消える?

ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑えるとともに、その細胞毒性によってメラニン産生細胞を減少させて、シミを漂白する働きがあります。米国では2%以下の濃度までは「化粧品」に配合できますが、2%以上の濃度のものは「医薬品」にしか配合できません。

しかし、なぜか日本では、化粧品に配合できるハイドロキノンの濃度はまだ規制されておらず、何パーセントでも化粧品原料扱いで配合できてしまいます。なので、ハイドロキノンを高濃度に配合した場合、「シミを消す」という医薬品のような作用をもった化粧品が出来上がります。

ハイドロキノンを配合した化粧品は、大手の化粧品メーカーではほとんど見かけません。というのも、ハイドロキノンはその細胞毒性の強さから、かぶれや赤みなどの皮膚トラブルを起こしやすい成分だからです。

現在ハイドロキノンを配合している化粧品はいくつかありますが、ほとんどが濃度開示されていないものの、副作用が起こらないように、かなりの低濃度(1%以下)で配合されていると推察されます。その濃度だとシミを消す作用は期待できないため、結局「シミを消す化粧品」とは言えなくなります。

化粧品でハイドロキノンを配合している化粧品があったとしても、それだけでシミが消えるかというと、まず消えません。

なぜかというと、医療機関では、医療用のハイドロキノンを4%以上の高濃度で用いますので、化粧品では濃度が低くてほとんど効果を期待できないことに加え、ハイドロキノン単独でのシミに対する効果は決して大きくはなく、シミを消すには、ハイドロキノンと併せてトレチノインという医薬品が必要だからです。(トレチノイン・ハイドロキノン療法

たとえ化粧品にハイドロキノンが高濃度で配合されていたとしても、ハイドロキノン単独でシミを消すのは、安定型ハイドロキノンだろうが、ナノ化ハイドロキノンだろうが難しいでしょう。

当院の患者さんでも、ハイドロキノン配合の某有名化粧品を何年も使用したが、結局シミが消えないと来院される方が多くいます。その化粧品会社は美容皮膚科の女医を広告塔にして、ネットを中心に宣伝をしまくっています。「3年も使ったんですけど…。」なんて患者さんがいて、可愛そうだと思う反面、なんでもっと早く気付かないのとも思ってしまいました。

シミはお近くのクリニックでトレチノイン・ハイドロキノン療法、Qスイッチレーザー、もしくは、ピコレーザーで消してしまうのが一番確実です。化粧品に期待するのはやめましょう。餅は餅屋です。

ネットにある嘘広告を見破るには、「シミが消せる化粧品の嘘広告に注意」もぜひ読んでみてください。大体の詐欺的な広告は同じような手法をとっていますので、すぐに見抜くことができるようになるはずです。

医療法人社団 肌のクリニック

院長 岩橋 陽介

院長 岩橋 陽介

東京の皮膚科・美容皮膚科・内科医 [医師紹介]

肌のクリニック【公式HP】

「肌のクリニック」公式HPへ