「肌のクリニック」院長の肌ブログ

東京の高円寺と麹町にある皮膚科・美容皮膚科「肌のクリニック」の院長ブログです。ニキビやニキビ跡、シミ治療、化粧品、プラセンタなどの美容情報を医師の視点から発信しています。化粧品業界や美容業界の問題点にもメスを入れていきます。

飲む日焼け止めの効果は期待できない

time 2017/08/28

この季節になると、飲む日焼け止めを飲んでいる方が多くなります。飲む日焼け止めは、20年程前からsunscreen pillとしてアメリカで販売され、話題になりました。当初は1~2種類しか製品がなかったのですが、今や検索すると山ほど様々な商品が出てきます。広告ページを見てみると「飲む日焼け止めランキング1位!」「飲む日焼け止め人気第一位!」「飲む日差しケアランキング1位!」「飲む日焼け止め売上げ1位!」「飲む日焼け対策グランプリ1位!」など、一体1位がいつくあるんだと、呆れてしまうほど宣伝過多です。

飲む日焼け止めは効果なし?

ネガティブワード「飲む日焼け止め効果なし」で検索してみると、「効果なしと言っているひとは、飲む期間が悪いだけ!きちんと飲めば効果は実感できる!」、「飲む日焼け止めサプリメントの選び方に問題がある!しっかりと成分が配合されたこのサプリメントを選ぶべき!」などという戯けた文言が並びます。ネガティブワードで検索された際に、ポジティブな情報にすり変えたり、自社商品に誘導するお決まりの広告手法です

飲む日焼け止めの実際の商品口コミを見ると、国内、海外問わず「全然効果がない。」「日焼けして真っ赤になってしまった。」「効かない。」などの意見が多数書かれています。結論から言うと、飲む日焼け止めの日焼け防止効果はほとんど期待できず、「1粒で24時間紫外線カット」などの宣伝文句は嘘なのですが、このブログでは2回にわたって(記事を1つにまとめました)、飲む日焼け止めは効果があるのか、効果がないのか、あったとしてどれくらいの日焼け防止効果があるのかを検証していきます。

飲む日焼け止めの成分

飲む日焼け止めの有効成分は「フェーンブロック」と「ニュートロックスサン」の2つに大別されます。

フェーンブロック

フェーンブロックは成分の商品名です。Polypodium Leucotomosというシダ植物から抽出された成分で、成分名は、Polypodium Leucotomosの日本名がダイオウウラボシのため、「ダイオウウラボシ抽出エキス」と記載されています。Polypodium Leucotomosから抽出したエキスなので、その頭文字を取って「PLエキス」とも呼ばれます。

フェーンブロックが入った飲む日焼け止めは、ヘリオケアやシェードファクターなどが代表的なサプリメント商品です。

ニュートロックスサン

ニュートロックスサンは成分の商品名です。シトラスとローズマリーから抽出したエキスが成分であり、成分表記には「シトラス果汁・ローズマリー葉エキス末」と書いてあります。

ニュートロックスサンが入った飲む日焼け止めの商品は、検索すると山ほどあるので、具体的な商品名はここでは書きません。

飲む日焼け止めの効果

飲む日焼け止めの効果は、抗酸化作用(活性酸素除去やDNA損傷保護作用)、抗炎症作用など、様々な基礎医学的な研究報告がありますが、実際の日常生活で、一体どれくらいの日焼け防止効果があるのかが消費者が一番知りたいところではないでしょうか。

フェーンブロックとニュートロックスサンについての論文を、サマリーを含めると8~9編ほど読みましたが、今回はその中で、主にUV-Bに対する効果を推察できるものを紹介します。

フェーンブロックの効果

研究報告によると、ボランティア20名に対して、Polypodium Leucotomosから抽出したエキス(フェーンブロック)1000mgを毎日飲んだ場合、UV-BによるMED(24時間後に皮膚に紅斑を生じさせるのに必要な最小紫外線量)が、15日後に14.57%、29日後に20.37%増加し、統計学的に有意な増加を認めた。(※1)

これにより、フェーンブロックは太陽光による紅斑の減少や、紅斑に対する耐性を上げることができると報告しています。

※1.Sergio.S. 2014. The benefits of using a compound containing Polypodium leucotomos extract for reducing erythema and pigmentation resulting from ultraviolet radiation. Surg Cosmet Dermatol;6(4):344­8.

ちなみに、研究者の一人は、1997年にフェーンブロックの経口投与によってMED(24時間後に皮膚に紅斑を生じさせるのに必要な最小紫外線量)が2.8倍となったということで、SPFが3程度あると主張しています(※2)。こちらの論文は、サマリーしか読めず、フェーンブロックの経口投与量を確認できなかったため(おそらく1日7.5mg/kg)、今回詳しい内容は割愛しますが、上記の2014年のMED増加率と比較して、ずいぶん異なります。それ以後、フェーンブロックがSPF3やそれ以上の効果があるなどの報告は見当たらず、※2の論文は本当なのか疑わしく思っています。

※2.González.S. 1997. Topical or oral administration with an extract of Polypodium leucotomos prevents acute sunburn and psoralen-induced phototoxic reactions as well as depletion of Langerhans cells in human skin. Photodermatol Photoimmunol Photomed. Feb-Apr;13(1-2):50-60.

ニュートロックスサンの効果

研究報告によると、ボランティア10名に対してニュートロックスサン250mgを毎日飲んだ場合、MED(24時間後に皮膚に紅斑を生じさせるのに必要な最小紫外線量)が、57日後に34%、85日後に56%の増加を示しました。(※3)

原料会社公式HPでは、こちらの論文を引用して、「ニュートロックスサンにより、85日後に56%と紫外線に対する保護力が大幅に増加した。」「科学的に証明された結果」と大きく宣伝されています。これを見ると、飲む日焼け止めは効果なしとは言えず、逆に「56%も保護力がアップするなら、飲んでいるだけで半分以上も紫外線がカットできる」と、とてもすごい効果が得られると勘違いしてしまいそうです。

日本のサプリメント会社も、原料会社の情報をそのまま掲載しており「ニュートロックスサンを飲むと、紫外線予防効果は57日で34%、85日で56%の効果!」と宣伝している会社が多くあります。しかし、広告手法を見ていると、この34%や56%という数値は、広告をしている側も意味をよく理解していないか、もしくは、消費者にわかり辛いように書かれているように見えます(わかり易いように、丁寧な説明をしている会社は見つけられませんでした)。

「紫外線予防効果56%、紫外線保護効果56%」というのは、ものは言いようってやつで、これらの数値や、飲む日焼け止めの具体的な効果については、後述します。

※3.Pérez-Sánchez.A.  2014. Protective effects of citrus and rosemary extracts on UV-induced damage in skin cell model and human volunteers. Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology 136 (2014) 12–18

SPFとMEDについて

飲む日焼け止めの効果あり・効果なしを検証するのに、まず「SPF」と「MED」について理解する必要があります。SPFは塗る日焼け止めには必ず表記されている数値なので、聞いたことがある人も多いと思います。

SPFは、主な日焼けの原因で有害である「UV-B」を防ぐ指標です。

SPFの計測方法

塗る日焼け止めのSPFの計測方法は、次のようにして行います。人の背中6か所それぞれに、UV-Bを6段階の強さで照射します。20~24時間後に、その6ヶ所が赤くなっていないかどうかを見ます。赤くなっているところがあれば、その赤くなっている部分に当てた紫外線量の中で、最も小さい数値を「MED(最小紅斑量:赤みを起こすのに必要な最小の紫外線照射量)」として記録します。

まず、上記の図のように、日焼け止めを塗らない状態で、30~80の強さのUV-Bを照射して、24時間後に少しでも赤くなっている部分の最小の紫外線量を記録します。ここでは、紫外線量70以上で皮膚が赤くなっているため、MEDは70です。

次に、上記の図のように、日焼け止めを塗った状態で、700~3500の強さのUV-Bを照射し、同様に24時間後に少しでも赤くなっている部分の最小の紫外線量を記録します。ここでは、1400以上で赤くなっているため、MEDは1400です。

SPFは、日焼け止めを塗った部分のMED÷何も塗らなかった部分のMEDで計算されます。上記の例では、1400÷70=20となり、SPFは20です。

上記の数値は一例で、MEDは一人ひとりの肌の性質によって異なるため、実際には10名以上で行い、その平均値で算出されます。ちなみに、日本人の平均MEDは60~70kJ/㎡(0.06~0.07J/㎡)です。この数値が上がるほど、日焼けに強い肌質と言えます。

SPFから見ると、飲む日焼け止めの効果はほぼない

飲む日焼け止めの効果は、塗る日焼け止めと比較してどうなのかなど、実際の日常生活において、飲む日焼け止めで十分に効果があるのか、ないのかをSPFの数値から検証していきます。

SPFやMEDについての概念が理解できると、次に、「飲む日焼け止めのSPFはどれくらい?」という疑問が沸いてくるかと思います。

飲む日焼け止めの実際の日焼け防止効果

ここで、もう一度フェーンブロックとニュートロックスサンの研究報告を見てみます。

「フェーンブロック1000mgを毎日飲んだ場合、MEDが、15日後に14.57%、29日後に20.37%増加した。」

「ニュートロックスサン250mgを毎日飲んだ場合、MEDが、57日後に34%、85日後に56%に増加した。」

つまりこれってどれくらいの紫外線防止効果なのでしょうか。前述のSPFとMEDの概念について理解できていると、おおよそどれくらいかがわかります。

塗る日焼け止めの場合、最初のMEDが70とすると、SPF2の日焼け止めを塗ると、MEDは140となり(140÷70=2)、塗った瞬間からMEDは70→140へと、100%増加します。SPF30の日焼け止めを塗ると、塗った瞬間からMEDは70→2100へ、2900%増加します。

それに対して、フェーンブロックは、1ヶ月毎日飲んで20%の増加、ニュートロックスサンは、2ヶ月間毎日飲んで、34%の増加、3ヶ月間毎日飲んで56%の増加です。

つまり、飲む日焼け止めの数値は、現行のSPFで測定すると、数ヶ月毎日飲んでもSPFは2にも満たないことになります。

「プラセボと比較してMEDは3ヶ月で56%上昇しているので、有意差があり、統計上は意味がある数値だ!」という主張は良く分かりますが、既存の塗る日焼け止めと比較すると、SPFがあまりに低く、日焼け止めとしての効果はほとんど期待できない数値です。

ちなみに論文では、ニュートロックスサンを飲み始めてから29日目までのMED増加率はほとんどなく(有意差なし)、1ヶ月飲んだくらいでは、日焼け止めとして意味がないことも示唆されています。

そして、例え3ヶ月飲んだとしても、SPFは1.54ですので、紫外線防止効果はほぼなく、日焼け止めとして使うにはやはり無理があります。

短期間飲んでも効果が出ないため、「今日は海水浴に行くから、今日だけ飲む日焼け止めを1錠飲んで出かけよう。」という使い方は、まったく意味がないことになります。

飲む日焼け止めに警告

アメリカのFADはサプリメントの規制をしていないため、飲む日焼け止めの効果があるのか、ないのかの判断は消費者に任されています。そんな中、アメリカ皮膚科学会(AAD)が、飲む日焼け止めに警告をしています。以下に全文とその翻訳を載せておきます。

American Academy of Dermatology statement on oral supplements for sun protection

Recently, there has been discussion in the media about oral supplements that claim to provide protection from the sun. The American Academy of Dermatology (Academy) wants to alert consumers that these pills should not be used as a replacement for sunscreen or sun-protective clothing. There is currently no scientific evidence that oral supplements alone can provide an adequate level of protection from the sun’s damaging ultraviolet rays. 

Sunscreen is the only form of sun protection that is regulated by the U.S. Food & Drug Administration (FDA). Broad-spectrum sunscreen with a Sun Protection Factor (SPF) of at least 15 has been scientifically proven to prevent sunburn and reduce the risk of skin cancer and early skin aging caused by the sun. Regardless of whether you choose to take oral supplements, the Academy recommends you seek shade, wear sun-protective clothing and apply a broad-spectrum, water-resistant sunscreen with an SPF of 30 or higher.

※引用 : https://www.aad.org/media/news-releases/american-academy-of-dermatology-statement-on-oral-supplements-for-sun-protection

近年、日焼けから守ると謳うサプリメント(飲む日焼け止め)について、メディアで論議されています。アメリカ皮膚科学会は、「これらの飲む日焼け止めを、塗る日焼け止めや、日焼けから守る衣服の代わりとして使用しないよう」消費者に警告します。現在、飲む日焼け止め単独で、太陽の有害な紫外線から、肌を適切に守るという科学的根拠は存在しません。

FADによって規定されている唯一の日焼け対策用品の形態は「塗る日焼け止めのみ」です。SPFが少なくとも15以上で、広域スペクトラム(広い範囲の紫外線をカットする)の日焼け止めは、日焼けを防ぎ、皮膚癌のリスクや日光による皮膚老化を抑えることが科学的に証明されています。アメリカ皮膚科学会は、飲む日焼け止めを服用するか否かにかかわらず、日陰を探し、日光を防ぐ衣服を着て、SPF30かそれ以上の広域スペクトラム、かつ、ウォータープルーフ(耐水タイプ)の日焼け止めを使うことを推奨します。

飲む日焼け止めの虚偽広告

飲む日焼け止めには怪しい企業が多数参入しており、「塗る日焼け止めは古い!」「UVクリームを超えた紫外線カット」などの表現は、明らかに誇大であり、一部は虚偽広告に当たります。

※下記はネットで見つけた飲む日焼け止めのウェブページの一例です。

前述した通り、飲む日焼け止めの効果は、日焼け止めとしての効果は期待できません。ましてや、塗る日焼け止めを超えたなんてことは絶対になく、そんなデータも科学的根拠も存在しません。原料会社も「塗る日焼け止めの代わりになるものではなく、あくまで補完するもの。」と明示しています。塗る日焼け止めの代用にはなりません。

にもかかわらず、「UVクリームを超えた。」などという広告は完全に嘘であり、「塗る日焼け止めは古い。」「飲むだけで全身日焼け止め。」「塗り直しも不要!」という記載は、塗る日焼け止めはもう必要なくて、飲む日焼け止めだけ飲んでいれば問題ないんだと、消費者が誤解してしまいます。

飲む日焼け止めサプリメントの口コミを見ると、「飲む日焼け止めの効果を判断するために、何も塗らずに外に出たら真っ赤になりました。効果なしです。」というような意見が見られます。飲む日焼け止めの紫外線防止効果は十分にないにもかかわらず、健康食品会社の誇大広告によって、あたかも非常に効果的にように宣伝するためこのようなことが起こります。

日本でもいい加減この手の広告には、厳しい規制が入って良いと思います。

「飲む日焼け止めには、UV-Aに対する効果があるんだ!」という反論もありそうですが、今回はUV-Bについて記載しましたが、UV-Aについても、いくつかのパイロットスタディでMPD(最小光毒照射量)の増加の報告はあるものの、PA値で換算すると、PA+の効果も得られないはずです。二重盲検や既存の塗る日焼け止めとの比較試験などはなく、正確なPA値がどれくらいになるかわかっていません。

「直接、日焼けを防止する効果は低くても、間接的に、活性酸素を除去する抗酸化作用によって、紫外線によるDNA損傷から守るんだ!」という意見はあるのでしょうが、これは「日焼け止め」ではなく、抗酸化サプリメントの範疇です。抗酸化作用が認められている成分は、ビタミンCやビタミンE、βカロチン、リコピン、アスタキサンチン、ポリフェノール、フラボノイド、アントシアニン、ピクノジェノール、αリポ酸、コエンザイムQ10など沢山あり、これらの抗酸化サプリメントも、日焼けや日常で生じる活性酸素の除去、細胞をDNA損傷から守るという研究報告は沢山あります。

日焼け止めサプリメントとしてではなく、抗酸化サプリメントとして広告するのならわかりますが、日焼け止めを全面に出して広告するのは無理がありますし、消費者にも誤解を招くのではないかと考えます。

飲む日焼け止めのまとめ

1.「紫外線ダメージ56%カット」「紫外線を56%もカット!」は完全に嘘で誤解を招く表現。実際は3ヶ月飲んでMEDが56%上昇するだけであり、飲む日焼け止めは、名前こそ日焼け止めだが、実際の日焼け止め効果はほとんどないか、あってもかなり少ない。

2.飲む日焼け止めのSPF値は公表されていないが、現在のSPF測定のルールで判定すると、3ヶ月毎日飲んだとしてもSPFは1.56以下で、ほとんど期待できない。

3.飲む日焼け止めの紫外線防止効果は、長期間飲んだとしても限定的だが、短期間(数日~1ヶ月飲んだだけ)だとほぼゼロ。

4.「1粒で24時間紫外線カット!」などの宣伝文句は誇大広告

5.飲む日焼け止めは塗る日焼け止めの代用品にはならない。

医師としての私見

長々と書きましたが、私は飲む日焼け止めを完全に否定しているわけではなく、日焼け止めというには無理があるかなというところです。そして、多くの健康食品会社や広告業者が、嘘や誇大広告によって、消費者の誤解を招いていることに警笛を鳴らしています。

医師によっては推奨する方もいるようですが、これは研究報告の捉え方によります。少しでも効果があるのであれば、使った方が良いと考える医師はいるのでしょう。また、原料会社や健康食品会社からの情報を鵜呑みにして、良く検証もせずに推奨している医師もいるかもしれません。本当に推奨しているのか、単にビジネス(商売)で患者に勧めているだけなのかを良く見極めてください。

私が、自分の患者に飲む日焼け止めを推奨するかと聞かれれば、私は推奨しませんが、正しい日焼け対策ができていれば、日焼け止めサプリを飲んでも飲まなくても、どっちでも良いと考えています。

ただし、健康食品会社の誇大広告の影響で、「塗る日焼け止めを塗らずに、飲む日焼け止めだけを飲んでいれば大丈夫。」「塗る日焼け止めの塗り直しが手間だから、飲む日焼け止めを併用しよう。」と勘違いしている人がいれば、すぐにやめてください。

前述した通り、飲む日焼け止めの紫外線防止効果は、塗る日焼け止めと比較するとほとんど無いに等しいですし、代用にはなりません。また、飲む日焼け止めを併用したからといって、塗る日焼け止めの塗り直しをしなくて良いということにはなりません。汗で流れ落ちた日焼け止めの塗り直しは非常に大切です。例え、ウォータープルーフタイプの日焼け止めだったとしても。

紫外線防止には、衣服や帽子、日傘などの物理的防御に加え、SPF30以上の日焼け止めと、汗をかいた際のこまめな塗り直しが重要であり、そのうえで、飲む日焼け止めを使うということであれば、副作用等なければ、それは別に構わないと考えます。副作用は少ないようですが、胃腸障害などが報告されています。

飲む日焼け止めについては、海外でも懐疑的な意見が多数あり、塗る日焼け止めとの比較試験や、大規模な二重盲検試験が求められていますが、いまだに行われていません。日焼け止めを謳うからには、ぜひ行って頂きたいところです。

Post script.

飲む日焼け止めサプリメントは、虚偽広告や誇大広告や消費者をミスリーディングしているサイトが多すぎて、まともなサイトは埋もれてしまっています。

「〇〇 効果なし」「〇〇 嘘」などのネガティブワードで調べても、広告業者のサイトが上位に表示されて、必要な情報が出てきません。これは、沢山の広告サイトや肯定的なサイトを作ることで、検索しても批判的なサイトを表示させないようにする手法で、化粧品、健康食品の広告手法として常態化しています。

当サイトの記事が良いと思った方は、ご自分のサイト、ブログ、Twitterなどでご紹介いただけると、検索した際に上位表示されるようになるので、ぜひお願いします。

肌のクリニック

院長 岩橋 陽介

院長 岩橋 陽介

東京の内科・皮膚科医師です。薬剤師で抗加齢医学会専門医の涌水医師にも記事を書いてもらっています。 [医師紹介]

肌のクリニック【公式HP】

「肌のクリニック」公式HPへ