肌のクリニック院長の肌ブログ

東京でニキビ治療・シミ治療・調剤化粧品・プラセンタ療法外来をしている医師のブログ

低用量ピルの関節リウマチへの影響は?女性ホルモンとの関係

time 2016/01/18

妊娠中はリウマチの症状が軽い?

妊娠中には、不思議と関節リウマチの症状が落ち着き、産後は病状が悪化する患者さんが多いことは、以前から知られていました。また、リウマチの症状は生理前に最もひどくなり、生理が終わると軽くなることも知られています。女性ホルモンは関節リウマチの症状や発症と何らかの因果関係があると言われています。女性ホルモンと黄体ホルモンの合剤である低用量ピルは関節リウマチへどのような影響があるのでしょうか。

低用量ピルと関節リウマチとの関係

132名(最終的に評価できたのは内112名)の関節リウマチの女性患者を12年間追跡して、症状を患者自身のアンケートに基づく健康評価質問票(HAQ)で評価し、また、手指、足趾、大関節の破壊を放射線検査(SHS,LS)で評価して、妊娠と低用量ピル(OC)との関連性を調べた報告があります(※1)。 その報告によると、顕著ではないものの、低用量ピルを長く服用しているほど、関節の破壊は少なく、自覚症状も軽くなるという結果となりました。また、多くの赤ん坊を生んだ患者ほど、同様に、関節の破壊は少なく、症状も軽くなるという結果になりました。

※1.Ann Rheum Dis. 2002 May;61(5):405-8. Pregnancy and oral contraceptive use do not significantly influence outcome in long term rheumatoid arthritis. Drossaers-Bakker KW1, Zwinderman AH, van Zeben D, Breedveld FC, Hazes JM.

低用量ピルの使用によりリウマチの発症リスクが下がるとの報告もありましたが、2014年に発表された28研究でのメタ解析では、低用量ピルの使用とリウマチの発症とは、因果関係がない(発症のリスクを下げない)という解析結果でした。しかし、低用量ピルの服用により、リウマチの症状は軽くなり、ピルの服用は、リウマチによる間接破壊を予防する可能性があるという結論になっています(※2)。

※2.a meta-analysis of observational studies. Int J Rheum Dis 2014;17:723-735 Absence of protective effect of oral contraceptive use on the development of rheumatoid arthritis: a meta-analysis of observational studies Qi Chen1, Zhichao Jin1, Chun Xiang1, Qing Cai2, Wentao Shi1 andJia He1.

まとめ

低用量ピルは、関節リウマチの症状を軽くし、関節の破壊を予防する可能性がある。

ホルモンと関節リウマチとの関係

リウマチの症状が、妊娠中やピルの服用中に軽くなったり、生理前や産後に悪化したりするのはなぜでしょうか?ここで、生理周期のホルモン変化と妊娠中のホルモン変化を見てみます。

生理周期のホルモン変化
生理周期とホルモン
画像引用:www.oyako.info

妊娠中のホルモン変化
妊娠中のホルモン変化
画像引用:www.skincare-univ.com

生理が終わるとエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が始まり、排卵(生理周期2週目)が起こった後は、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されてエストロゲンは低下していき、生理前になると両方とも急激に低下していきます。

妊娠中は、妊娠初期から40週目にかけてエストロゲン、プロゲステロンともに分泌されていき、産後に急激に低下します。

ここからわかることは、リウマチの症状が悪化するタイミングと、エストロゲン、プロゲステロンの分泌が低下するタイミングは、ほぼ一致しているということです。プロゲステロンは関係なく、エストロゲンの低下のみが関係するという説もあります。

いずれにせよ、女性ホルモン(または、女性ホルモンと黄体ホルモン)の低下が、リウマチの症状の増悪や進行(関節の破壊)に関与している可能性は高そうです。そうであれば、ピルの投与によって症状や進行が抑えられるのも辻褄が合います。また、リウマチが産後に発症しやすかったり、女性ホルモンが低下してくる30代~40代以降の女性に多いということからも、女性ホルモンとリウマチとの関連性を疑わせます。

肌のクリニック

院長 岩橋 陽介

院長 岩橋 陽介

東京の調剤化粧品とニキビ治療専門皮膚科 肌のクリニック高円寺院の院長ブログ。Twitterではスタッフ全員でつぶやいています。 [詳細]