肌のクリニック院長の肌ブログ

東京でニキビ治療・シミ治療・調剤化粧品・プラセンタ療法外来をしている医師のブログ

リニューアルしてから、調剤化粧品作りが大変

time 2016/07/14

当院の調剤化粧品は、完全にオリジナルなので、朝にスタッフともども調剤します。リニューアル前の調剤化粧品も、「結構ファンがいるなあ」という感じの売れ行きでしたが、7月からビタミンC誘導体を全て新しくてして、美白ラインを強化してから、購入希望の患者さんがぐっと増えて、調剤してもあっという間になくなってしまうようになりました。

リニューアル初日は、おおよそ1週間で出る分量を調剤したのですが、2日でなくなってしまい、慌てて調剤。土曜日はもともとかなりの分量が出るので、多めに作っておいたのですが、あっさりとなくなり、昼休みにまた調剤と、医師、看護師とも大慌てでした。

当院の調剤化粧品は、医薬品扱いになりますので、市販の化粧品のように広告が認められていません。当院のHP、ブログ、院内パンフレットのみにしか掲載できないのですが、市販品にはない独自の処方で作っているので、患者さんからの評判はよく、当院に来院する患者さんの7~8割ほどが処方を希望されます。独自の処方といっても、私とスタッフが「こんな化粧品があったらいいな」というのをそのまま作っているだけです。

6月までは、前院から合せて10年間近く調剤していたAPPS(進化型ビタミンC誘導体)をやめて、最新のグリセリルアスコルビン酸(VCグリセリル)やVCエチルに切り替えました。APPS(アプレシエローション)は、当院では、EGローションの次に売れている化粧水でしたので、それをやめるのは多少なりとも抵抗はありましたが、新しい調剤化粧品は、すでにその倍以上の売れ行きなので、「広告してなくても、見てる人は見てるんだなあ」という感じです。

アクセス解析で、当院のホームページ・ブログを合わせて1ヶ月に約3万~4万PVのアクセスがあるのですが、そのうちの4分の1くらいは調剤化粧品のページにアクセスがあります。調剤化粧品だけを買いに、毎月遠方から来院する患者さんもいて、患者さんの利便性のために、遠隔診療ができたらと常々思っていました。そして、日本でもやっと遠隔診療が解禁されるという流れになり、現在診療システムの作成を行っています。

今年度中には、安全性の高い一部の医薬品に限って、オンライン診療、処方ができるような体制づくりをしていますので、今しばらくお待ちください。

肌のクリニック

院長 岩橋 陽介

院長 岩橋 陽介

東京の調剤化粧品とニキビ治療専門皮膚科 肌のクリニック高円寺院の院長ブログ。Twitterではスタッフ全員でつぶやいています。 [詳細]